自己破産とは?

自己破産というのは、消費者金融などのキャッシングサービスを利用してお金を借りたのに返済することができず、更には多重債務などをしてしまい、それでも返済することができない状態に...

その結果として借金を返済をすることができなくなってしまった時に、そのすべての借金を返さなくてもいいようにすることができる、というものです。

実際には裁判所で審議が行われ、返済ができないというように判断をされたときに宣告を受けることになりますが、同時に自分が持っている財産を処分しなければいけないということになります。

jikohasan03.jpg

ただ、生活において必要なものに対しては、処分されないということが決まっています。自己破産だけはしたくないと思う人は多いようですが、自己破産は借金返済をしなくてもよいということ...

借金で困っている人からみると、救われたような気持ちになる場合もあるのではないでしょうか。ただ、自己破産は、借金の返済義務が無くなりますが、今後そのことが情報として公開されることになります。

そうなると、例えばクレジットカードを作ろうと思ったり、キャッシングを利用しようと思っても、その情報のために審査で落とされてしまい申し込みを断られてしまうことになります。

さらに、住宅ローンを利用しようと思っても、自己破産が理由となってローンが組めないので、マイホームを持つことも不可能になるのです。

なお、自己破産をしたという信用情報は7年以上経過することで、それらの情報は公開されなくなるので、ローンやキャッシングなどを利用することが可能になります。

任意整理とは?

消費者金融などのキャッシングを利用しているうちに、いくつもの借金が重なってしまった場合、対処方法としてその多くの人は自己破産を考えるのではないでしょうか?

借金に関していうと、昔から自己破産という言葉は良く耳にする言葉です。ただ、この自己破産は、やはりその後の生活を考えるとあまりオススメできる方法では無いような気もします。

ninniseiri02.jpg

とはいえ、対処はしなければいけないわけですし、他に対処方法はあるのでしょうか?・・・なお、こういった状況のときには、あまりおおげさにはしたくないものです。

そんなときには、裁判所といった公的機関を使わずに、債務者と消費者が話し合いをするということで、借金の減額や利息についての返済方法を考えて、和解に導く手続きがあります。

これを任意整理といいます。任意整理とは、その後に残った債務は通常3年間で分割して支払っていくということになりますので、その後の返済計画をきちんと立てることができます。

しかも、利息などの差し引き計算をして、残金がマイナスとなった場合には、その分の返金を求めることもでき、余計に支払った分は、返金してもらうことができるのです。

この利息に関しての計算は、利息制限法で定められたやり方で計算されます。借り入れしている金額によっても変わってきますが、一般に15%~20%程になります。

キャッシングサービスを長く利用している人ほど、この返金は多くなるでしょう。この任意整理を行う場合ですが、通常、弁護士、認定司法書士などへの依頼となります。

多重債務とは?

消費者金融でキャッシングやカードローンを利用することで、陥るといわれている多重債務...

消費者金融をはじめ、銀行や信販会社といった金融業者でお金を借りる際には、必ず借り入れ審査があるわけですが、その審査に通ることでキャッシングを利用することができます。

消費者金融のキャッシングやカードローンというのは、最初は少額の借り入れから始まりますが、借入れを重ねていき、繰り返すうちに借りる額もどんどん増えていくものです。

多重債務とは、自分の返済能力を遥かに超えて借金をしている状態をさします。多重債務になると、そこでの借金を返済するために、他社から借入をして本来の会社へ返済する。

tajyusaimu02.jpg

その次の会社へは、また次に借りて返済するというサイクルになってしまいます。多額の借金になるという事も考えられずに、気つけばどうにもならない状態になっているケースがほとんどです。

貸金業法が改正される前の1980年代から1990年代には、消費者金融での借入によって、多重債務に陥った人たちの自己破産、さらには、命を落とすケースもあり社会問題にもなりました。

消費者金融のCMでは、「ご利用は計画的に」、「事前にしっかり計画しましょう」といった表現を耳にしますが、これは、これらの問題からの自主規制によるものです。

なお、法律事務所や公的機関への消費者金融に関する相談でも、多重債務に関する問題が最も多いわけですが、この問題を解決する方法に債務整理というものがあります。

債務整理とは、多額のキャッシングを繰り返し、多重債務に陥ったときの債務者を再生させるための方法で、「破産」、「特定調停」、「民事再生」、「任意整理」の四つの手続き方法があります。

なお、債務整理では、債務者本人が消費者金融業者と交渉しようとしても中々応じてくれないことが多いので、公的機関や弁護士をはじめとする法律事務所に依頼することをオススメします。

総量規制とは?

| コメント(0) | トラックバック(0)
総量規制とは、ひと言でいえば「返済能力を超えた借金をさせないために、年収の3分の1以上の借り入れができないようにします。」というものです。

例えば、年収300万円の人なら借入総額は100万円まで、それ以上の借入れ分に関しては、たとえローン申込等をしたとしても、消費者金融をはじめとする貸金業者はその申込みを通してはいけない、という規制です。

総量規制は、消費者金融の利用者にありがちな「どんどん借入額を増やしてしまい、気がつけばにっちもさっちも行かないほどに借金が増えていた」という状況になることを防ぐためのものです。

いわば「借り手側を保護するための規制」なわけです。それでも、「総量規制があるため借りたい金額を借りられない!」という、借り手側からの不満の声も少なくないといいます。

そうは言っても、総量規制を超えるほどの借金というのは、その人にとっては「分不相応なほどに多すぎる借金」だということを理解しなければいけないのではないでしょうか。

souryoukisei01.jpg

消費者金融などでは、この総量規制を守るためにキャッシング申し込みを受け付ける際に、収入証明書類の提出や現在のローン額の自己申告などを申込み者に求めます。

さらに、審査の際には、信用情報から他のローン総額を確認するといった手段をとっています。そこで気になるのが「以前に、キャッシングをした時は正社員だったたけど、今現在は無職」という状態です。

普通に考えれば、「いつ急にお金がいるかわからないから、キャッシングカードはそのまま持っておいたほうがいい」と判断する人が大半だと思います。

しかし、無職になったことを消費者金融側が知ることになれば、そのキャッシングカードは凍結...つまり、新たな借り入れはできない状態になってしまいます。

このように、かなり厳密な制度となっている総量規制ですが、実総量規制の対象外となるものがいくつかあります。銀行や信金・信組・労金・農協等でのローンや住宅ローンなどです。

また、クレジットカードは、ショッピング枠は対象外となりますが、キャッシング枠は総量規制の対象となります。そのため、中には「ショッピング枠現金化」といわれる業者などを利用する人もいるようです。

ですが、そもそもこれはカード規約違反の上に、手数料は異常に高いし、法律的にも限りなく黒に近い行為ですので、絶対に利用しないようにすることをオススメします。

消費者金融でお金を借りたいと思った時、いろいろな消費者金融を比較することは重要なことです。

キャッシングでお金を借りるときにかかる金利をはじめ、審査時間、返済方法、自分が借り入れできる限度額など比較する項目はいろいろあると思います。

ですが、一般の人、いわゆる個人消費者や、ましてや消費者金融の初心者となると、実際には何を比較するのが一番良いのか判らないのではないでしょうか!?

syouhisyakinyu-hikaku01.gif

確かに、すぐにお金を借りたいのなら即日融資ができるかどうか重要になりますし、高額融資を望むなら借入限度額は重要になるといったように、お金を借りる人の用途によって比較対象も変わってきます。

このように、比較する項目というのは、それぞれ借入れをする人によって変わってくるわけですが、消費者金融の比較をする上の項目で重視すべきは「金利」についてでしょう。

そもそも、消費者金融というのは、キャッシングの審査時間をはじめ、借入れ限度額、返済方法、借り入れ方法、申し込み方法などについてはある意味、ほとんど差がありません。

ただ、金利については、下限金利は13.5%、上限金利は18.0%(実質年利)という決まりがありますが、会社によってその金利の範囲の中でそれぞれ変わってきます。

そのため、金利で比較して上限金利の低い消費者金融で借入をするという事が、賢く、お得にキャッシングをする一つの手段であるといえるのではないでしょうか。

金融業社からお金を借りているわけですので、金利を支払うのは当然ですが、金利とは有る意味、無駄に払うお金といっても過言ではありません。消費者側にとっては安い方がいいというわけです。

消費者金融を比較する際は、まず、金利を比較し何社か自分に合った会社を見つけた後、更に自分にあった用途を元に、その他の項目で比較してみる事をオススメします。


金融関連サイト : acカード審査